31歳(女性)の体験者から学ぶエルセーヌの脱毛

目に見えて効果が分かります!黒ずみがうすくなったような気がします。
スタッフさんの感じが良くて、毎回行くのが楽しいです。
という31歳女性の体験者の感想です。
回数・期間無制限・返金保証あり

実際にたくさんのお客様が結果に『満足』サロンでの脱毛
他に人気のあるサロンはこちら
脱毛ラボ
全身脱毛専門店 シースリー
エターナルラビリンス
RAYVIS(レイビス)
銀座カラーの赤ちゃん肌脱毛☆

生理や妊娠中でも大丈夫

女性は、ホルモンの状態によっては、にきびが出やすくなったり、また、お化粧ののりがかわったりと、何かしらお肌に影響が出てくることがあります。そのため、ホルモンのバランスの崩れやすい生理中や妊娠中に脱毛をしてもいいのかどうか不安になる方も多いでしょう。

生理中でも、妊娠中でも、基本的には脱毛によって体に悪影響があるということはありません。そのため、脱毛は可能なようですが、しかし、これらの時期は、ホルモンの状態が通常とは異なるため、普段よりも、お肌がかぶれやすくなったり、敏感になったりしています。

中には、通常では感じることのないヒリヒリ感を感じたり、お肌が乾燥したりしたという人もいます。そのため、特に敏感肌で肌荒れを起こしやすい人は、できる限り避けたほうがいいかもしれません。脱毛を受けられる施設によっては、これらの期間は、脱毛を断られるといったケースもあります。

妊娠中の場合は、レーザーや光による脱毛によって、母体や胎児へ何らかの悪影響があるというわけではないのですが、安全面を考慮して、妊娠中の脱毛を行わない施設が多くなっています。また、妊娠中は、ホルモンの状態が大きく変わるため、毛深くなったり、皮膚のトラブルが生じる人が多いのも事実です。そのため、妊娠中の方は、無事に出産が済んでから、脱毛を開始するほうが良いでしょう。

1.3脱毛を開始する時期は?

脱毛というと、どうしても、夏のイメージがあります。実際に、薄着になったり、水着になったりする機会でもなければ、普段はそれほど毛については悩むこともないかもしれません。しかし、夏はどうしても肌の露出度が増すため、多くの方がムダ毛の処理に関心を寄せるものです。夏前になると、たくさんの脱毛クリームが店頭に並びますし、エステの脱毛の広告も目にする機会が増えるのもうなずけます。

しかし、実は、脱毛を開始する時期は、夏がベストなシーズンというわけではありません。例えば、エステなどで脱毛を行う場合は、それなりに時間がかかるものです。もちろん、その期間には個人差はありますが、長期間必要とする人も少なくありません。そのため、夏につるつるボディでいることを目指すならば、少し余裕を持って脱毛を開始しなければならないのです。

光脱毛や、レーザーによる脱毛を受けた後は、お肌も敏感になっています。そのため、そんなお肌に、夏の強い紫外線を浴びると、どうしてもお肌のトラブルを起こしやすくなってしまうのです。また、光やレーザー脱毛の効果は、3回目以降でないと実感できないともいわれています。永久脱毛を希望している場合は、更に時間がかかるようです。このため、脱毛を始めるならば、余裕をもって、秋から冬にかけてのほうがよいということになります。夏を気持ちよくスタートさせるためにも、余裕を持って、脱毛を開始するようにしたいものです。

1.4脱毛中に気をつけること

脱毛をしている最中は、普段以上に気をつけなければいけないことがあります。それは、脱毛中は、いつも以上にお肌の調子に注意する必要があるということです。

自己流脱毛にしろ、エステや医療機関での脱毛にしろ、もしも、何らかの皮膚のトラブルを生じた場合には、脱毛作業をいったん中止し、医療機関を受診するようにしなければなりません。もしも、痛みなどを感じたり、炎症が起こったりしている場合でも、そのままそれを無視して脱毛を続けると、その後の皮膚へのダメージが大きくなり、脱毛どころではなくなってしまいます。取り返しのつかないことにならないためにも、迅速な対処が必要なのです。

また、脱毛時には、お肌の乾燥にも気をつけなければなりません。脱毛は、少なからず皮膚を傷めてしまいますので、皮膚の保湿が足りない状態では、皮膚の回復も遅くなってしまいます。エステなどの施設では、脱毛の際には保湿液やクリームなどを処方しているところもあります。

また、医療機関においては、軟膏を処方していることもあります。自宅での脱毛の場合も、脱毛後に刺激の少ないローションを塗るなど、お肌の乾燥対策を怠らないようにしましょう。そして、脱毛後は、強い紫外線にも注意が必要です。そして、それ以外のトラブルを防ぐためにも、常に皮膚を清潔に保つように心掛けましょう。